Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
脳力全開B
絶対記憶
『しあわせ全開教室』
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
しあわせ全開教室受講生募集中(^o^)。
0

     

     しあわせ全開教室を開講致しました。

     

    皆様、人生の成功とは、いったい何だとお考えでしょうか?

     

    しあわせ全開学校では、

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    『人生の成功とは、「しあわせ」(幸せ)になり
         「よろこび」(喜び)に満たされることである』

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    と考えています。

     

     

     それでは、大切なことは、
    「しあわせ」とは何か?、ということになります。

     

     私がしあわせの意識をどのように持つかで
    無意識に私の意識が身の周りに展開しています。
     

     

     義務教育である学校では、
    知識は教えてくれたとしても、
    人生でもっとも大切な「しあわせになる方法」を
    教えてはくれていないのではないかと、

    人生を重ねるにつれて、つくづくと思うようになりました。

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     誰しも、「しあわせになる」ためには、
    「しあわせになる」教育を受けることが、
    必要なのではないでしょうか?

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

     とても大切なことであるにも関わらず、
    公的な学校教育では、IQ的な教育が優先されて、
    EQ的な「しあわせ」という人としての普遍的な教育が
    置き去りにされて来たように思います。

     

     親が行う教育であるとも考えられますが、
    共働きで多忙な親にとっては十分に子供にその方法を
    伝えることが難しいのも現実ではないでしょうか?

     

     そこで、しあわせ全開学校では、
    日本語に込められているコトタマの意味を
    読み解いて、とてもシンプルに
    「しあわせになる」方法をお伝えしている
    次第です。

     

     このシンプルさには、とても驚かれることと思います。

     

    わずかな日本語の言葉をコトタマで再解釈するだけで、
    「しあわせになる」方法を私自身で感じとれるように
    なるのですから!

     

     ところで、御存じかとは思いますが、
    ブータンという国では、国民総幸福量、または
    国民総幸福感(GNH)という「国民全体の幸福度」を
    示す“尺度”で国が運営されています。

     

     しあわせ全開学校で人生のゴールにしている
    「しあわせ全開」(度)は、このGNH尺度に
    似ているのかもしれません。

     

     

    しあわせ全開学校

     

    開喜男(^^♪。

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 脳力全開学校『光る』 | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
    学校では教わらない人生にとってとても大切なこと!
    0

      40歳で独立して、つくづく思うことがあります。

       

      学校では、知識を教えてくれても、

      人が生きる上で、知識以上に大切なことを

      ほとんど教わらなかったことです。

       

      その一つに、

      人はどうやったら「しあわせになれるか?」があります。

      人は、「しあわせになる」になるためには、

      「しあわせになる」ための教育が必要でした。

       

      成績が良ければ、IQが高ければ、

      「しあわせ」になれる訳ではありません。

       

      「しあわせになる」ためには、

      IQ(知能)よりも、もっと、EQ(愛情)の方が大切です。

       

      そして、最終的には、学ぶことで、

      どんな「意識」を持つかが大切でした。

       

      何を学んでも、結局は、
      自分の「意識」の成長に、

      様々な学びを役立てないと無意味なものでした。

       

      そんな「意識」のことを学ぶ
      次元上昇講座を開発しています。

       

      講座を受講して頂くと、

      この世に存在するあらゆる成功哲学の本質が
      手に取るように分かって頂けると思います。
       

      /40日間_セルフ・イメージ_次元上昇講座教室/

      http://gakkou.gzenkai.com/index.php?go=LDGbFk

      【このクラスの目的】

      1.自己の意識(セルフ・イメージ)を次元上昇させます
      2.そのために、最新物理学である量子力学を学び理解して、成功哲学に
        流れる基本法則を深く捉え直し、物理現象への見方を変革させ、
        意識変革を起こします。
      4.高まった意識でこれからの人生を再設計致します。
      5.講座終了後は、この40日間で設計した人生設計図(創造夢現図)に
        そって、人生を再創造していって頂きます。

        そんな機会となる講座内容として纏めあげています。

      ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております。

       

       

      グローバルサクセス 菊池昭雄

       

      【転送のお願い】
      もし内容が良いと思った場合には、
      友人・知人、御自分のソーシャルメディア等で
      ご紹介頂ければ、嬉しく思います。

       

       

       

       

       

      posted by: 開喜男(あきお) | 脳力全開学校『光る』 | 03:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
      学校では教わらない人生にとってとても大切なこと!
      0

        40歳で独立して、つくづく思うことがあります。

         

        学校では、知識を教えてくれても、

        人が生きる上で、知識以上に大切なことを

        ほとんど教わらなかったことです。

         

        その一つに、

        人はどうやったら「しあわせになれるか?」があります。

        人は、「しあわせになる」になるためには、

        「しあわせになる」ための教育が必要でした。

         

        成績が良ければ、IQが高ければ、

        「しあわせ」になれる訳ではありません。

         

        「しあわせになる」ためには、

        IQ(知能)よりも、もっと、EQ(愛情)の方が大切です。

         

        そして、最終的には、学ぶことで、

        どんな「意識」を持つかが大切でした。

         

        何を学んでも、結局は、
        自分の「意識」の成長に、

        様々な学びを役立てないと無意味なものでした。

         

        そんな「意識」のことを学ぶ
        次元上昇講座を開発しています。

         

        講座を受講して頂くと、

        この世に存在するあらゆる成功哲学の本質が
        手に取るように分かって頂けると思います。
         

        /40日間_セルフ・イメージ_次元上昇講座教室/

        http://gakkou.gzenkai.com/index.php?go=LDGbFk

        【このクラスの目的】

        1.自己の意識(セルフ・イメージ)を次元上昇させます
        2.そのために、最新物理学である量子力学を学び理解して、成功哲学に
          流れる基本法則を深く捉え直し、物理現象への見方を変革させ、
          意識変革を起こします。
        4.高まった意識でこれからの人生を再設計致します。
        5.講座終了後は、この40日間で設計した人生設計図(創造夢現図)に
          そって、人生を再創造していって頂きます。

          そんな機会となる講座内容として纏めあげています。

        ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております。

         

         

        グローバルサクセス 菊池昭雄

         

        【転送のお願い】
        もし内容が良いと思った場合には、
        友人・知人、御自分のソーシャルメディア等で
        ご紹介頂ければ、嬉しく思います。

         

         

         

         

         

        posted by: 開喜男(あきお) | 脳力全開学校『光る』 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
        人は聖人になれる
        0

          最近、お客様とのやり取りの中で、

          中江藤樹先生のことを深く考える機会を与えられました。

           

           内村鑑三の著した「代表的日本人
          六名の中の一人が、「中江藤樹」先生です。

          中江藤樹先生は、
          代表的日本人の中の文章を読むと、
          何と!大洲で「人は聖人になれる」と確信を
          持たれたようでした。


          下記の文章です。
          ------------------------------------------
          藤樹は両親の住む近江からは
          遠く離れた四国で、
          祖父母により育てられることになりましたが、
          武芸を学ぶ同世代の子供たちに混じり、
          早くから特異な感性を示していました。

           

          8歳の時、
          孔子の「大学」の中の一節に巡り会い、
          その全生涯を形作ることになる、ひとつの志を立てました。

           

          「大学」には次のようにありました。
          天子から平民に至るまで、
          人の第一の目的とすべきことは、
          正しく生きるということである

           

          「この本に出会えたことを天に感謝します」

          少年は叫びました。
          「聖人になろうと決意して、なり得ないはずがあろうか」

          ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
          少年は感動で泣きました。

          そしてこの時の思いは生涯、
          忘れることはありませんでした。
          「聖人になる!」
          それは何という志でしょうか。

          -------------------------------------------


          ●中江藤樹が仕えていた大洲藩 、脱藩して、”孝”を打ち立てる


          【中江藤樹の言葉】

          ”知良致”(良知に致る)
           人は誰でも生まれながらにして美しい心を持っている。
          その心を汚さずに、鏡のようにきれいにしておくことが大切である。


          ”五事を正す。”
          貌(ほう)  ・・・ 和やかな顔つきで人と接し
          言(げん)  ・・・ 思いやりのある言葉で話しかけ
          視(し)   ・・・ 澄んだ目でものごとを見つめ
          聴(ちょう) ・・・ 耳を傾けて人の話を聴き
          思(し)   ・・・ まごころを込めて相手のことを思う

           

          中江藤樹は、17年間、大洲藩に仕えておりました。

           

          中江藤樹は、ひとりなった母を看るために、
          辞職願いを出しますが、認められず脱藩します。

          脱藩といえば、その当時、切腹に値するものですが、
          死をも乗り越えて、親に「孝」を果たそうとします。

           

          「孝は、徳なり。」
           死を越えて、「孝」を立てんとしたところに、
          「孝」に生きた人物として、
          天が覚え、400年経った今もなお、
          人々の心に感化し続けているのだと思われます。

           

          今の社会に、道徳心を呼び起こす、

          起点となる人物だと言われています。

           

          このような中江藤樹と縁のある大洲から、
          人の愛と能力を育てる「脳力全開」を
          御提供できますことに感謝致しております。


          そして、大洲藩が、脱藩の罪で、
          中江藤樹を討たなかったのは、歴史にとって
          大洲藩にとって、良かったことだと思います。

          大洲が歴史に生きる道が立ったの
          ではないかと思われます。


          (備考)
          近江聖人 中江藤樹映画
          人はだれでも美しい心を持っている
          https://www.youtube.com/watch?v=eGF6MuBtxiM
          中江藤樹の生誕400年(2008年)を記念して制作された映画です。
          お問い合わせは中江藤樹記念館まで
          http://www.city.takashima.shiga.jp/www/contents/1355901884332/index.html

           

          たくさんの霊知り(ヒシリ)の出現の時を迎え、

          地球から一日も早く、

          戦争、飢餓、人種差別、家庭不和、人権蹂躙、性被害等の、

          あらゆる悲しみが無くなり、

          愛と和と栄えの星となるように、祈願しています。

           

           

          グローバルサクセス 菊池昭雄

           

           

           

           

          posted by: 開喜男(あきお) | 脳力全開学校『光る』 | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
          人は聖人になれる
          0

            最近、お客様とのやり取りの中で、

            中江藤樹先生のことを深く考える機会を与えられました。

             

             内村鑑三の著した「代表的日本人
            六名の中の一人が、「中江藤樹」先生です。

             

            中江藤樹先生は、
            代表的日本人の中の文章を読むと、
            8歳の若さで、「人は聖人になれる」と確信を
            持たれたようでした。


            下記の文章です。
            ------------------------------------------
            藤樹は両親の住む近江からは
            遠く離れた四国で、
            祖父母により育てられることになりましたが、
            武芸を学ぶ同世代の子供たちに混じり、
            早くから特異な感性を示していました。

             

            8歳の時、
            孔子の「大学」の中の一節に巡り会い、
            その全生涯を形作ることになる、ひとつの志を立てました。

             

            「大学」には次のようにありました。
            天子から平民に至るまで、
            人の第一の目的とすべきことは、
            正しく生きるということである

             

            「この本に出会えたことを天に感謝します」

            少年は叫びました。
            「聖人になろうと決意して、なり得ないはずがあろうか」

            ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
            少年は感動で泣きました。

            そしてこの時の思いは生涯、
            忘れることはありませんでした。
            「聖人になる!」
            それは何という志でしょうか。

            -------------------------------------------


            ●中江藤樹が仕えていた大洲藩 、脱藩して、”孝”を打ち立てる


            【中江藤樹の言葉】

            ”知良致”(良知に致る)
             人は誰でも生まれながらにして美しい心を持っている。
            その心を汚さずに、鏡のようにきれいにしておくことが大切である。


            ”五事を正す。”
            貌(ほう)  ・・・ 和やかな顔つきで人と接し
            言(げん)  ・・・ 思いやりのある言葉で話しかけ
            視(し)   ・・・ 澄んだ目でものごとを見つめ
            聴(ちょう) ・・・ 耳を傾けて人の話を聴き
            思(し)   ・・・ まごころを込めて相手のことを思う

             

            中江藤樹は、17年間、大洲藩に仕えておりました。

             

            中江藤樹は、ひとりなった母を看るために、
            辞職願いを出しますが、認められず脱藩します。

            脱藩といえば、その当時、切腹に値するものですが、
            死をも乗り越えて、親に「孝」を果たそうとします。

             

            「孝は、徳なり。」
             死を越えて、「孝」を立てんとしたところに、
            「孝」に生きた人物として、
            天が覚え、400年経った今もなお、
            人々の心に感化し続けているのだと思われます。

             

            今の社会に、道徳心を呼び起こす、

            起点となる人物だと言われています。

             

            このような中江藤樹と縁のある大洲から、
            人の愛と能力を育てる「脳力全開」を
            御提供できますことに感謝致しております。


            そして、大洲藩が、脱藩の罪で、
            中江藤樹を討たなかったのは、歴史にとって
            大洲藩にとって、良かったことだと思います。

            大洲が歴史に生きる道が立ったの
            ではないかと思われます。


            (備考)
            近江聖人 中江藤樹映画
            人はだれでも美しい心を持っている
            https://www.youtube.com/watch?v=eGF6MuBtxiM
            中江藤樹の生誕400年(2008年)を記念して制作された映画です。
            お問い合わせは中江藤樹記念館まで
            http://www.city.takashima.shiga.jp/www/contents/1355901884332/index.html

             

            たくさんの霊知り(ヒシリ)の出現の時を迎え、

            地球から一日も早く、

            戦争、飢餓、人種差別、家庭不和、人権蹂躙、性被害等の、

            あらゆる悲しみが無くなり、

            愛と和と栄えの星となるように、祈願しています。

             

             

            グローバルサクセス 菊池昭雄

             

             

             

             

            posted by: 開喜男(あきお) | 脳力全開学校『光る』 | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) |