Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
世界唯一!喜びの能力開発
あなたの愛と才能を全開し、「しあわせ全開」にします
言葉の力を付ける絶対記憶
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
雀(スズメ)のコトタマ
0

     

     おはようございます。

    全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

     

     全喜ですか? 

    (*挨拶として広めたい、使ってください)

    全愛の心を持って全喜な意識でいれば、全喜な出来事しか起こらなくなります。

    今日も神様(宇宙意識)と一緒に、全和・全美・全喜で生きていきましょう!

    「みんな全喜になあれ!」

     

     広島の全開家族とのやりとりの中で、

    更に面白いことをお聴きしたので、御紹介させて下さい。

     

     燕ではなく、雀だという返信に添えて

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     雀(すずめ)はすすめというメッセージなんですね(笑)

     うちに住みついている雀の夫婦はとても仲良しで
     いつも向き合ってよくお話をしています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

    という言葉を下さいました。

     

    素晴らしい感性とコトタマの理解力だと感動致しました。

     

     感動は、神動とも書け、

    私の神性を刺激してくれます。

     

     そういえば、

    スズ=鈴は、五十音コトタマでもありました。

    *伊勢神宮の五十鈴川。

    チュンチュン泣いているのを、
    コトタマと捉えて名付けたのでしょうか?

    御蔭様で、
    「舌切スズメ」の昔話に繋がりました。
     

     そこで、

    島田正路先生の本で調べてみました。

    コトタマ学(上)の48ページにこう書かれてありました。

     雀は必ず人家の近くにいる。

    そのことから国民民衆の意味に譬えられる。

    「舌切り雀」の雀の語源は鈴埋め(スズウメ)である。

    伊勢神宮を五十鈴(イスズ)の宮という。

    鈴は人間の口の形で言葉のことであり、

    特に五十鈴といえば五十音を示す。

     

     五十音言霊をそれぞれの魂の中に埋めて頂き、

    五十音言霊を組み合わせた神の国の言葉である

    大和言葉を使って生活しているのが日本民族である。

     

     

     

    (備考)

     

    全開の果たすべき天命は、

     

    人類お一人お一人の愛と才能が全開して、

    地球を全喜に満ち溢れた愛と和と創造の星にする

     

    ところにゴールを設定しています。

     

    皆様、及び 皆様の御家族

    そして、全人類の愛と才能が全開して、

    それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

    満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

     

     

    皆様の暮らす一週間が、今週も全喜に満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

     

     

    どんな状況でも全愛に近づきながら

    「喜びの意識」(全喜)でいることが、

    困難を解決してくれ、夢の実現を早くしてくれます。

     

    令和の時代にふさわしい

    喜びの能力開発「脳力全開」

    全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

     

     

    泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

    日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

    なぜなら、神様は、

    最高の喜びの神であると共に

    どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 【コトタマ】 | 05:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
    令和の時代は、産土神社参拝で神意を受け取る日常生活をしましょう
    0
                                    御神礼
      地元の産土神社 大元大明神

       

       おはようございます。

      全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

       

       全喜ですか? 

      (*挨拶として広めたい、使ってください)

      全愛の心を持って全喜な意識でいれば、全喜な出来事しか起こらなくなります。

      今日も神様(宇宙意識)と一緒に、全和・全美・全喜で生きていきましょう!

      「みんな全喜になあれ!」

       

       日曜日です。

      全開では、切が良いので一週間の始まりと考えています。

      聖書によると神様が7日間で天地創造をされたように

      今日から、天地創造数の7日間で、何かを創造するぞ!!!

      という感じです。

       

       皆様の過ごされる今日からの一週間が

      全喜に満ち溢れtが日々でありますように、祈っています。

       

       喜びの意識(全喜)でいることで、願いの実現が早くなります。

       

       

       

       ところで、

       

       先週の終わりには、令和の時代の生活の仕方を

      神様が教えて下さった出来事がありました。

       

       開喜男♪(v^_^)vは、ほぼ毎日産土神社へ参拝に行っています。

      数日前参拝して祈っていると、

      ちょうど、全開家族から御相談のメールを頂きました。

       

      【御相談内容のポイント】

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      アドバイスがほしく連絡しました。

      今現状、仕事も仕事量を大きく減らしてもらい

      なんとか行けたり、仕事量が増えると行けなかったりです。

      心療内科にも通っていて、

      ・・・

      いろんなことは考えたり、やったりすることが難しくてm(__)m

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       

      都合よく、私は神社の境内にいながら

      電話で一時間半ほどお話しすることが出来ました!(^^)!。

      神様感謝です。

       

      現在社会の中で、同じような課題を抱えて

      いらっしゃる方は、多いのではないでしょうか?

       

      全開ライフでは、商品の中に記述しているわけでは

      ありませんが、フォローの一貫として運営している

      「しあわせ全開教室」では、氣功(喜功)学の学びも

      取り入れています。

       

      コトタマから

       

      意識=意思氣

       

      ですから、意識を強くするためには氣の学びは

      欠かせません。

       

       

      そこで、日々全喜を保つには、氣を大宇宙から取り入れる

      (大周天といいます)ことの大切さをお伝えいたしました。

       

      そして、ちょうど神社にいたこともあり、

      令和の時代は日々産土神社への参拝が氣を取り入れる上でも

      とても良い生活習慣になるのではないかと直感しました。

       

      令和の令は、

      白川静先生の「字統」辞書からの引用です。

       

       

      礼冠を着けて、跪いて神意を聞く神職のものの形。

       

      令和の時代は、

      神意を聴きながら歩む人がリーダーと

      なります。

       

      その方にも、産土神社の参拝もお勧めしました。

      以前それで良くなったことも思い出されて

      早速実践を始められました。

       

      そして、すぐに効果があったようでした。

       

      【数日後の嬉しいお便り】

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      朝、仕事場の近くの神社を参拝して、

      モヤモヤした気持ちがなくなっていく感じがします。

      気を取り入れているからなのかな。

      ・・・

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       

       令和の時代は、

      日々産土神社に参拝することは、
      神の氣(喜)と神意を日々受け取ることが出来て
      良いことなので、全開ライフとして

      お薦めしようと思った出来事となりました。

       

       

       

      開喜男♪(v^_^)vと一緒に、

      全開家族と一緒に、

      厳しい社会情勢の中で、全開脳を育てて

      全喜に満たされながら「しあわせ全開」で暮らしていきませんか?

       

       

       

      (備考)

       

      全開の果たすべき天命は、

       

      人類お一人お一人の愛と才能が全開して、

      地球を愛と和と創造の星にする

       

      ところにゴールを設定しています。

       

      共感して下さり、

      ご一緒に実現を果たしていける

      と大変に嬉しく思います。

       

       

      皆様の暮らす一週間が、今週も全喜に満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

       

       

      どんな状況でも全愛の心に近づきながら

      「喜びの意識」(全喜)でいることが、

      苦難を克服し、願いの実現を早くしてくれます。

       

      令和の時代に相応しい神性が身に付く

      喜びの能力開発「脳力全開」

      全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

       

       

      泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

      日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

      なぜなら、神様は、

      最高の喜びの神であると共に

      どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

       

       

       

       

       

       

      posted by: 開喜男(あきお) | 【コトタマ】 | 05:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
      来たる新時代の「令和の氣」を感じよう
      0
              12日今朝3時半過ぎ 満月の月を撮影したものです

         

         全喜ですか? 

        (*挨拶として広めたい、使ってください)

        全愛の心を持って全喜な意識でいれば、全喜な出来事しか起こらなくなります。

        今日も神様(宇宙意識)と一緒に、全和・全美・全喜で生きていきましょう!

        「みんな全喜になあれ!」

         

         12月12日は、満月となります。

        今朝3時半に起きた後、妻がお月さまが綺麗よと

        声を掛けてくれたので、写真を撮りに外に出ると

        雲に隠れていましたが、しばらくすると、上記のように

        雲の合間から顔を覗かせて下さいました。感謝!

         

         来たる新時代の「令和の氣」を感じていますか?

         

        白川静先生の「字統」辞書からの引用です。

         

        礼冠を着けて、跪いて神意を聞く神職のものの形。

         

        令和の時代は、神意を聴きながら歩む人がリーダーと

        なっていくようになるのではないでしょうか?

         

        日本人の心が万葉に戻り、更には、

        コトタマに満ち溢れた古代の精神文明に戻る時が

        来たのではないでしょうか?

         

        そんな流れに伴い、グローバルサクセスも

        新生グローバルサクセスとして、

        社会に対してどんな貢献をしたい思ってきたのか?

        一度リセットして、再構築しています。

         

        2001年当時のカタログの記載内容です。

        最近使わなくなったいたのですが、

        グローバルな成功を皆様一人一人にご提供したい

        ことに変わりはありません。

         

        もうひとつ付け加えるとすれば、

        天寿全う

        が入ります。

         

         

         

         皆様お一人お一人また皆様のご家族の上に、

        令和二年はますます増し加わって

        神様の祝福と御加護がありますように

        祈っています。

         

         

        (備考)

         

        全開の果たすべき天命は、

         

        人類お一人お一人の愛と才能が全開して、

        地球を全喜に満ち溢れた愛と和と創造の星にする

         

        ところにゴールを設定しています。

         

        皆様、及び 皆様の御家族

        そして、全人類の愛と才能が全開して、

        それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

        満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

         

         

        皆様の暮らす一週間が、今週も全喜に満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

         

         

        どんな状況でも全愛に近づきながら

        「喜びの意識」(全喜)でいることが、

        困難を解決してくれ、夢の実現を早くしてくれます。

         

        喜びの能力開発「脳力全開」

        全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

         

         

        泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

        日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

        なぜなら、神様は、

        最高の喜びの神であると共に

        どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

         

         

        posted by: 開喜男(あきお) | 【コトタマ】 | 05:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
        大嘗宮の写真(全開家族が送って下さいました)
        0

           

           おはようございます。

          全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

           

           全喜ですか? 

          (*挨拶として広めたい、使ってください)

          全愛の心を持って全喜な意識でいれば、全喜な出来事しか起こらなくなります。

          今日も神様(宇宙意識)と一緒に、全和・全美・全喜で生きていきましょう!

          「みんな全喜になあれ!」

           

           昨日は、嬉しいことに、全開家族が

          大嘗宮の一般参観にいかれて、上記の写真を送って

          下さいました。感謝です♪(v^_^)v。

           

           昨日で、参観は終わりました。

          期間中の参入者数は792,911人の方々が来場されたそうです。

           

           全開では、神社参拝をするときには、

          私は神の生宮(イキミヤ)である

          ことを胸にとどめて、自分自身と神社と共感しながら

          自身(自神)の成長・進化・深化・神化・真化する

          ことを念じながら参拝させて頂くことも大切であると考えています。

           

           ちょうど、この会心地区では私が地元の神社担当と

          なっていまして、昨日は妻と一緒に、

          新しいお札を地区を一軒一軒回りながら

          皆様にお届けして回りました。♪(v^_^)v。



           

           我が家も写真の様に、お祭りさせて頂きました。

           

          一緒に伊勢神宮のお札も配ります。

          すべての地方の神社も伊勢神宮に繋がっていることを

          実感させてくれます。

           

          御神礼は、大麻とも言うのですね。

          広辞苑を引いてみると、

          【大麻】とは、1)伊勢神宮および諸社から授与されるお札。

          2)幣(ぬさ)の尊敬語。おおぬさ。

          の意味があるとなっていました。

           

          大元神社大麻 の説明

           

           大麻は「家内安全」や「商売繁盛」などの特定の願い事が

          込められている御神符ではありません。この大麻は神様の

          「みしるし」であるとお考えいただき、それぞれの願い事を

          この「大麻」をとおして神様にお願いする御神符です。

           神社を参拝するのが最もよいのですが、日常はそれが

          できぬくいため、この神神符を家でお祭りして拝みます。

           毎年、新年に新しい「大麻」を奉って神様の御神徳をいただき

          明るい一年をお迎えください。

           

           

           皆様お一人お一人また皆様のご家族に

          令和二年はますます増し加わって

          神様の祝福と御加護がありますように

          祈っています。

           

           

          (備考)

           

          全開の果たすべき天命は、

           

          人類お一人お一人の愛と才能が全開して、

          地球を全喜に満ち溢れた愛と和と創造の星にする

           

          ところにゴールを設定しています。

           

          皆様、及び 皆様の御家族

          そして、全人類の愛と才能が全開して、

          それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

          満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

           

           

          皆様の暮らす一週間が、今週も全喜に満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

           

           

          どんな状況でも全愛に近づきながら

          「喜びの意識」(全喜)でいることが、

          困難を解決してくれ、夢の実現を早くしてくれます。

           

          喜びの能力開発「脳力全開」

          全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

           

           

          泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

          日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

          なぜなら、神様は、

          最高の喜びの神であると共に

          どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

          posted by: 開喜男(あきお) | 【コトタマ】 | 05:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
          「出口王仁三郎に学ぶ ‟日本再生”への道」 経済アナリスト 藤原直哉氏
          0

             

             おはようございます。

            全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

             

             全喜ですか? 

            (*挨拶として広めたい、使ってください)

            全愛の心を持って全喜な意識でいれば、全喜な出来事しか起こらなくなります。

            今日も神様(宇宙意識)と一緒に、全和・全美・全喜で生きていきましょう!

            「みんな全喜になあれ!」

             

             先月末は、出口王仁三郎翁との再会がありました。

             

            その流れで、大本教の核心部分を復習したいと検索していると

            多くの大本講座がyoutubeにアップされておりました。

             

             現代人の多くは、借金大国と聞いたり

            少子高齢化が続き、心のどこかに日本の未来に対して

            不安をお持ちの方も多いのではないかと思います。

             

             神様は、全知・全能・全愛・全喜な方ですから、

            何の不安も必要が無いはずなのですがなかなかそんな観点で

            力強いメッセージを発信してくれる人を見つけることが

            出来ずにいました。

             

             そんな気持ちで求めている時、

            本日掲載の「出口王仁三郎に学ぶ ‟日本再生”への道」

            経済アナリスト 藤原直哉氏

            は、とても希望を与えてくれるものでした。

             

            全開では、言霊からも探求して、

            皆様の愛と才能を全開して、何が起ころうとも

            「しあわせ全開」になれるよう道案内しています。

             

            /大本言霊学/
            https://amzn.to/2qSZiMF
            もあります。
            全開家族と「しあわせ全開教室」で

            学んでいきたいと考えています。
             

             

             

            (備考)

             

            全開の果たすべき天命は、

             

            人類お一人お一人の愛と才能が全開して、

            地球を全喜に満ち溢れた愛と和と創造の星にする

             

            ところにゴールを設定しています。

             

            皆様、及び 皆様の御家族

            そして、全人類の愛と才能が全開して、

            それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

            満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

             

             

            皆様の暮らす一週間が、今週も全喜に満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

             

             

            どんな状況でも全愛に近づきながら

            「喜びの意識」(全喜)でいることが、

            困難を解決してくれ、夢の実現を早くしてくれます。

             

            喜びの能力開発「脳力全開」

            全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

             

             

            泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

            日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

            なぜなら、神様は、

            最高の喜びの神であると共に

            どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

             

            posted by: 開喜男(あきお) | 【コトタマ】 | 05:08 | comments(0) | trackbacks(0) |