Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
脳力全開B
絶対記憶
『しあわせ全開教室』
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
野良ミーちゃんの今日の姿
0

     

    野良ミーちゃんです。

    朝と夜だけ餌を食べにきます。

     

    イジメられていたのか、まだ人を恐れて触らせてくれません。

     

    難民の気持と通じるところがあるかと

    感じながら、お世話をさせて頂いています。

     

     

    全開学校 開喜男♪(v^_^)v。

    posted by: 開喜男(あきお) | その他 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
    次女の披露宴の前日に、二重の虹が現われた。
    0

       明日は次女の披露宴があります。

      バスでの移動中に、二重の虹が見えたとラインで連絡がありました。

      神様も祝福して下さっているのでしょうか?(^o^)。

      有り難い思い出に残る出来事でした。

       

      posted by: 開喜男(あきお) | その他 | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
      2018.08.08(今日は、10年に一度:8が6個並ぶ日)
      0

        皆様、暑い中で、毎日のお志事御苦労様でございます。

        体調には充分にお氣を付けて下さい。

         

        ここ大洲市の鵜飼の復活が全国放送で
        配信されています。大洲市にも遊びに来て
        下さい。日本三大鵜飼の一つが大洲にあります。


        ところで、本日は、

        2018年8月8日8時8分8秒
        幸せの末広がりの「八」

        「8」を横倒しすると
        無限(永遠)マークになる
        8が6つも続く日です。

         

        「六」数は、仲睦まじいの
        睦み合うの「ム」であり、
        無限の「ム」でもあります。


        全世界の人々が
        末広がりに、永遠(無限)に
        喜びに満ちて幸せに
        生きていけるように
        お祈り申し上げます。
         

         

        開喜男

         

        皆様の愛を才能を全開する「脳力全開」を

        一度無償サンプルで試してみられませんか?

        現状の千倍の能力アップの実感して頂けるよう

        支援させて頂いています。

        https://dejisoku.gzenkai.com/

         

         

         

         

        posted by: 開喜男(あきお) | その他 | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
        豪雨の時でも雲の上にはお日様が照っている
        0

           豪雨のため愛媛でも多くの人が
          亡くなって辛いです。涙、、、

           

           例えば、夫(妻)だけ残って、
          子供と妻(夫)が亡くなるなどのケースは、
          一番悲しみを誘われます。

           

           あの世では霊体として
          ちゃんと生きていて元気だと
          頭でわかっても、肉体で一緒に生活出来なく
          なることは猛烈な寂しさが募ります。

           

           大洲市でもまだ水が止まっているところもあり、

          昨晩は、妻の知人には我が家に洗濯とお風呂に

          入りに来て頂きました。

           

           

           昨日いつも散歩している川沿いを歩いてみました。
          我が家から1kmぐらいところの様子です。

           

           

          橋がよく壊れなかったことと思います。
          これより上流の川は、何と川底が1mぐらいあがっていました。
          大自然の中に私達はすわませて
          頂いているのだということを痛感させられました。

           
          今朝は、もっと上まで歩いてみました。

          日々の散歩では、川の中に不思議に立っている一本杉のところで、

          大声で叫んだりしていました。

          もしかして、倒れているかと心配したのですが、

          なんとその杉は、健在でした。大感謝。

           

           

           

          そして、帰り途中には、希望的な景色に出会いました。
          神様が励まして下さっているように感じました。

           

           


           豪雨の時でも雲の上にはお日様が照っています。
          どうしても、苦しい時は、雲の上にはお日様が

          同じように照っていることを忘れがちです。

           

           「神=カミ」の語源は、「輝日(カヒ)」で

          あると唱えている人がいます。

           
           輝日(カヒ)=宇宙意識(神)

          は、私達を常に愛し続けて下さっているのだと思っています。

           

          どんな苦難の中にあっても、
          思ったような成果がでない辛い時でも、

          お日様(宇宙意識、神)は、

          私達一人一人を洩れなく愛して下さっていると

          信じています。

           


          全開 開喜男♪(v^_^)v。

           


           

          posted by: 開喜男(あきお) | その他 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
          東日本巨大地震に関連して被害に見舞われた方々に、謹んで、ご冥福をお祈りいたします。
          0

            毎日元氣でお暮しでしょうか?


            東日本巨大地震に関連して被害に見舞われた
            方々に、謹んでご冥福をお祈りいたします。

            7年前に下記のような記事を
            書いておりました。<m(__)m>。
            *すこしだけ加筆修正いたしました。

             

            -----------------

            3月11日からTV画面を通して見える惨状に、
            皆様同様たくさんの涙を流しました。

            そして、多くの問いかけをしました。

             

            全開なりのひとつの解答として、
            母が世界のために犠牲になったと捉えました。

             

            応用編ですこし書かせて頂いているように、
            脳力全開では、日本を世界の母の国に当たる
            のではないかと捉えていました。

             

            母音言語である日本語を使っている
            日本人から、今から母性文明が開ける
            志命を持っているのだと。

             

            *その後のコトタマの学びを通して、
            「世界の言語は元一つ」あり、
            古代においてはそのような地球が
            形成されていたことを知りました。
            まだまだ社会一般には公認されていない
            かも知れませんが。


            北東から南西に長く伸びた日本は、女性の体に見えます。

            また、日本は世界の縮図という考え方も
            広く知られています。

             

            北海道は北米、四国はオーストラリア、
            九州はアフリカ、
            そして、本州はユーラシア大陸というようにです。

             

            その考え方からすると、
            今回の被害のあった東日本は、
            下記のURLをクリックして
            頂けるとわかるように、母の背中に当たるのではないかと思いました。
            http://www.g-labo.co.jp/photo/japan_mother.jpg


            つまり母が世界の子供を抱えながら、
            わが身を犠牲にして世界を守ったということです。
            ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

            母性国家の母性愛の現われそのものです。
            ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

            これから起こるであろう世界的な何かに対して、
            先駆けて犠牲となり、世界を守ったことを
            意味するのではないかと思いました。


            ひと言で表現すると、
            人と人との『絆』ではなかったでしょうか?
            ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

             

            一人残されたお父さん、
            一人残されたお母さん、
            子供だけが残された家族、
            聞けば聞くほどに愛し合う家族の別れを聞きながら、
            何度も涙されたことと思います。 


            1200年ぶりの巨大災害という多くの犠牲の上に、
            世界中から支援の輪が広がり、
            地球の意識レベルは、
            「世界の人は家族のようにつながっているのだ。」
            という意識に高まったように思えます。

             

            そして、東北の方々が見せて下さる、
            忍耐と配慮と和の高貴な精神を、
            世界の人たちが学ぶ機会となったとも見えました。

             

            ここ愛媛の人柄とは別格のように
            東北の人々のすばらしい精神性に感動を覚え続けておりました。

             

            宮沢賢治の「雨にも負けず」の詩のとおりのようでした。

             

            同じ日本人として、同じ地球人として、
            私に起こった出来事として捉え、出来ることは 
            限られているとは思いますが、
            支援することを脳力全開としても決意致しております。 


            戦後復興を成し遂げたように、
            想像を絶する峠があるかも分かりませんが、
            喜びに満ちた愛と才能を全開した
            人たちの住む地球(宇宙)にするため
            母性文明を創り出す日本となるよう、
            一緒の取り組んで参りませんか?


            (引用終わり)
            -----------------------

            地震の後、従弟のお嫁さんに、
            岩手県生まれの人(被害にあっていました)、
            私の次女には、山形県の男性と縁が出来たりと、
            不思議に東北の方との縁が出来ています。


            中今(ナカイマ、永遠のここ、無限の今)
            の私の意識を、
            全(善)愛の心で満たして
            先駆けて『喜び』を感じながら、
            しあわせ全開(一杯)で生きましょう。\(^o^)/。
            すると、必ず『喜び事』がやってきます。
             

            皆様の愛と才能が全開し、
            しあわせ全開となられるよう祈念しております。
            <m(__)m>

             

            開喜男♪(v^_^)v。

             

            posted by: 開喜男(あきお) | その他 | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) |