Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
喜びの能力開発
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
6.まとめ  無償であるべきと願う5つの愛
0
                 全喜な家族愛の実現

     

     おはようございます。

    全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

     

     あっという間に一週間の最後の日となりました。

    どんな一週間を歩まれましたか?

     

     ある方からメールが来て、
    今はライオンゲートという期間なのだ教えられました。

     

    ググって、

    /ライオンズゲートとは?ライオンズゲートが開く
    8月8日に運命を切り拓く秘訣を解説/
    https://amaterasu49.media/archives/10762
    からの情報ですが、
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ライオンズゲートとは直訳すると「獅子の守る扉」、
    この扉は宇宙と地球をつなぐ扉のことです。
    この扉は普段は固く閉ざされていますが、
    地球が銀河の中心に位置する
    毎年7月26日〜8月12日までの18日間だけ、
    大きく開かれます。

    扉は7月26日からゆっくり開き、最も大きく開くのは8月8日です。

    ライオンズゲートは名前のとおり獅子座と大きな関係があります。
    獅子座が持つエネルギーは大変パワフルで、

    受け取った人はどんな困難でも乗り越えられるようになります。

    その獅子座のパワフルなエネルギーは、

    月を介してライオンズゲートから地球へ注がれます。

    月はエネルギーを増大させる役目がありますので、

    エネルギーは更に強力なパワーとなって地球に届きます。

    獅子座のキーワードには
    「創造」「内に秘める情熱」「率直」「賢明」があり、
    感受性豊かに自己表現を行います。

    この獅子座のもつキーワードも、
    ライオンズゲートが開いて送られるエネルギーに関係しています。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     

     それで、私にも

    「大鷲のような雲」が現われたのかとも思いました。(^_^)。

    http://gzenkai.jugem.jp/?day=20190808
     

     

     今週は、

    「無償であるべきと願う5つの愛」

    ということで、開喜男の個生に基づく独断となりますが、

    5つの愛について考えてみました。

    (あまり深思できていなく申し訳ありません)
     

    /無償であるべきと願う5つの愛/

     

    1.父母の愛

    2.夫婦の愛

    3.子からの親への愛(孝)

    4.兄弟愛

    5.友人への愛、神への愛

    6.まとめ

     

     

    /説明/

     

     今の社会で感じることは、すべてが強くビジネスに

    繋がってしまっているという窮屈な思いです。

     

     人の心は無償で与えられた行為は無償で返したいと

    思うように出来ていると思います。

     

     世の中がゆとりある空間であるためには、

    「無償」という行為は欠かせないと思っています。

     

     「無償」ということではその最たるものは、

    『父母の愛』だと思います。

     

     今週は、ちょうど、小泉進二郎議員の結婚が話題となりました。

    あるTV番組で知ったのですが、

     

    そんな小泉家子育て三原則があるそうでした。

    それが、しっかり抱いて・そっと下ろして・歩かせる。

     

    純一郎さんは子煩悩でして、

    とにかく愛情を注ぎ、泣いても怒らない。

    そして、自然に自立させる。

    何しろこれしろとは言わない。

    そして、一番大きいのは怒らないところですね。

     

    政治家小泉純一郎元総理は日本を分断してしまった

    ところもあり、あまり良い印象を持っていなかったのですが、
    父親から子供へ愛情を掛けていた話は洩れ聴いていたのですが、

    その点では素晴らしいと思っていました。

     

    「三つ子の魂百まで」もと言います。

    全開でも特に強調しているのが、

     

    躾とか考えずに

    三歳までは溺愛し思いっきり愛そう

    いうことです。

     

    愛情を一杯に受け、いつも守られていると

    いう感情を赤ちゃん時に十分に感じとっていれば、

    親の愛を信頼しきって自然に自立への道を歩き始めます。

     

     

    躾のために暴力を振るうということは

    決してあってはならないことです。

    (DVの代わりに「愛」を注ぎましょう)

    躾は無償の深い愛情を降り注いだ後に自然に

    身につけていくものだと思います。

     

     

    (備考)

     

    全開の果たすべき天命は、

     

    人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

    地球を愛と和と創造の星にする

     

    ところにゴールを設定しています。

     

    共感して下さり、

    ご一緒に実現を果たしていける

    と大変に嬉しく思います。

     

     

    皆様、及び 皆様の御家族

    そして、全人類の愛と才能が全開して、

    それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

    満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

     

     

    皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

     

     

    どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

    困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

     

    喜びの能力開発「脳力全開」

    全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

     

     

    泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

    日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

    なぜなら、神様は、

    最高の喜びの神であると共に

    どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 地球を愛と平和の創造の星に | 04:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
    5.友人への愛、神への愛  無償であるべきと願う5つの愛
    0

       

       

       おはようございます。

      全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

       

       今週は、

      「無償であるべきと願う5つの愛」

      ということで、開喜男の個生に基づく独断となりますが、

      5つの愛について考えてみたいと考えました。
       

      /無償であるべきと願う5つの愛/

       

      1.父母の愛

      2.夫婦の愛

      3.子からの親への愛(孝)

      4.兄弟愛

      5.友人への愛、神への愛

      6.まとめ

       

      という流れで、記事を書かせて頂ければと

      考えています。

       

      本日は、

       

      5.友人への愛、神への愛

       

      です。

       

      /説明/

       

       犯罪の起きている50%以上は、家族内だと言います。

      初めて聞いた知った時は大変に驚きました。

       

       友人への愛、神への愛となると、

      どうしても聖書の言葉を思い出します。

       

       18歳の時だったと記憶していますが、

      高専の同じクラスの中で突然クリスチャンになった

      人がいます。

       

       彼はそうなる前は未成年なのに煙草も飲んでいました。

       

       そんな彼が一変して清潔感溢れる人物になって登校するようになりました。

       

       驚いた私は「何かあったのですか?」と尋ねました。

      すると、「クリスチャンになった」と答えるではないですか?

      興味を持った私は彼が出会った教会にも一度どんなところか

      尋ねていきました。

       後、東京の著名な牧師さんがここ愛媛の宇和島で泊り込みの

      セミナーがあるので参加したりしました。

       

       私はその彼のようにクリスチャンにはなりませんでしたが、

      そこで聞く話は、神道系の両親の元で育った私には、

      大変に驚くばかりの話でした。 

       

       今日は詳しく話すことはできませんが、

      当時の私と同じようにキリスト教を御存じない方には

      一番驚かれると思う話を一つお伝えすると、

       

      「イエス・キリストを十字架に付けて殺したのはあなただ!」

      ということです。

       

       そして、殺したあなたをイエス・キリストは、

      赦して愛して下さっているということです。

       

      自覚がなくても既にあなたは赦されているので、

      他者との争いがあったとしても他者を赦しなさいという論理となります。

       

       

       宇和島でのセミナーの中で、

      主催するリーダーの方から会って間もない時に

      「あなたは実は人殺しなのです」と面と向かって言われました。

      真面目に生きてきたと思っていた私にとって、

      「何ということを言うのか!」と弁明し

      憤慨する氣持ちとなる出来事でした。

       

       今思うのは、こういう経験があるので、

      「イエス・キリストの贖罪」とは何か?問われても

      感情的にも理解することができ、

      大変に貴重な体験だったと振り返っています。

       

       人類はイエス・キリストの無償の愛を受けているようです。

       

      どこかスピリチュアル系の記事に、

      「イエス・キリスト一人の魂と人類すべての魂レベルが釣り合って

      いるので、戦争とか悲惨なことを繰り返しても、一応地球が保たれている」

      というような説明があったように記憶しています。

       

       こんな聖句があります。 

       

      ヨハネ福音書15章

       

       友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。
       

      マタイ福音書22章

       

       「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」

      イエスは言われた。

      『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』

      これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。

      隣人を自分のように愛しなさい。

      律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」

       

       イエス様はこれを実践され十字架を背負われたということです。

       

       

      でも日本には農民であったも義農作兵衛のような高い精神性を

      持った人達が多くいました。神道(古い神道)でも深く理解できると

      イエス様以上の高い精神性に到達することは可能だと現在は理解しています。

       

      (参考)

      義農作兵衛さんの記事は下記で書きました。

      http://gzenkai.jugem.jp/?day=20190726

       

       自分の知らないところで、私のために、

      命を掛けて愛して下さっている存在がいて下さることを

      感じながら、今日も全喜で生きて参りましょう\(^o^)/。

       

       

       

      (備考)

       

      全開の果たすべき天命は、

       

      人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

      地球を愛と和と創造の星にする

       

      ところにゴールを設定しています。

       

      共感して下さり、

      ご一緒に実現を果たしていける

      と大変に嬉しく思います。

       

       

      皆様、及び 皆様の御家族

      そして、全人類の愛と才能が全開して、

      それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

      満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

       

       

      皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

       

       

      どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

      困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

       

      喜びの能力開発「脳力全開」

      全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

       

       

      泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

      日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

      なぜなら、神様は、

      最高の喜びの神であると共に

      どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

       

       

      posted by: 開喜男(あきお) | 地球を愛と平和の創造の星に | 04:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
      4.兄弟愛  無償であるべきと願う5つの愛
      0
                      兄弟姉妹愛

         

         おはようございます。

        全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

         

          今日は、8月8日8時8分8秒と「8」が五つ並びます。

        末広がりの「八」、七転び八起きの「八」です。

        いろいろな失敗があっても「七転び八起き」、成功のコツは

        コツコツとやることと思って、今日も一日頑張って(神張って)

        参りましょう。\(^o^)/。

         

         

         今週は、

        「無償であるべきと願う5つの愛」

        ということで、開喜男の個生に基づく独断となりますが、

        5つの愛について考えてみたいと考えました。
         

        /無償であるべきと願う5つの愛/

         

        1.父母の愛

        2.夫婦の愛

        3.子からの親への愛(孝)

        4.兄弟愛

        5.友人への愛、神への愛

        6.まとめ

         

        という流れで、記事を書かせて頂ければと

        考えています。

         

        本日は、

         

        4.兄弟愛

         

        です。

         

        /説明/

         

         犯罪の起きている50%以上は、家族内だと言います。

        初めて聞いた知った時は大変に驚きました。

         

        とすると

         

         喜びに溢れた社会となるための解決の道は、

        家族が家族愛に満ち溢れれば良いことになるの

        ではないでしょうか?

         

        開喜男が今まで開発して来た商品すべて

        そのためにあったように思います)

         

        こんなことを無意識に感じながら、

        亡き母の教えでもあった

         

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        父母ニ孝ニ(ふぼに こうに)
        夫婦相和シ(ふうふ あいわし)

        兄弟ニ友ニ(けいていに ゆうに)
        朋友相信シ(ほうゆう あいしんじ)


        父母に孝行をつくし、
        夫婦互に睦び合い、

        兄弟姉妹仲よくし、
        朋友互に信義を以って交わり、

         

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         

        を家族を持ってから実践しようと

        思って来たように振り返ります。

         

         

        私は七人兄弟の末っ子で、

        姉が五人もいたので姉から

        母性愛で愛される立場でした。

        この歳になっても姉の愛は変わらず

        何のお返しをしないでも無償の弟への愛

        を送ってくれています。

         

        本当に有り難いことだと思います。

         

        子供のころは出世払いすると冗談で

        言っていましたがなかなか叶わずにお返しが

        出来てなくて申し訳なく思っています。

         

        ただ、家族の中では弟妹を愛するという

        年上の立場を経験しなかったので、社会に出ても

        なかなか年下の下を愛することが

        ずっと難しくその点ではかなり苦労しました。

         

         

        このような貴重な仕事に取り組ませて頂いて、

        年下の全開家族も多いので弟妹を愛するように

        兄弟愛も実践する日々を送らせて頂いています。

         

         

         

        (備考)

         

         

        全開の果たすべき天命は、

         

        人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

        地球を愛と和と創造の星にする

         

        ところにゴールを設定しています。

         

        共感して下さり、

        ご一緒に実現を果たしていける

        と大変に嬉しく思います。

         

         

        皆様、及び 皆様の御家族

        そして、全人類の愛と才能が全開して、

        それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

        満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

         

         

        皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

         

         

        どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

        困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

         

        喜びの能力開発「脳力全開」

        全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

         

         

        泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

        日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

        なぜなら、神様は、

        最高の喜びの神であると共に

        どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

         

         

         

        posted by: 開喜男(あきお) | 地球を愛と平和の創造の星に | 04:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
        3.子からの親への愛(孝)  無償であるべきと願う5つの愛
        0
          子からの親への愛(孝)
                    子からの親への愛(親孝行)

           

           おはようございます。

          全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

           

           今週は、

          「無償であるべきと願う5つの愛」

          ということで、開喜男の個生に基づく独断となりますが、

          5つの愛について考えてみたいと考えました。
           

          /無償であるべきと願う5つの愛/

           

          1.父母の愛

          2.夫婦の愛

          3.子からの親への愛(孝)

          4.兄弟愛

          5.友人への愛、神への愛

          6.まとめ

           

          という流れで、記事を書かせて頂ければと

          考えています。

           

          本日は、

           

          3.子からの親への愛(孝)

           

          です。

           

          /説明/

           

           犯罪の起きている50%以上は、家族内だと言います。

          初めて聞いた知った時は大変に驚きました。

           

          とすると喜びに溢れた社会となるための解決の道は、

          家族が家族愛に満ち溢れれば良いことになります。

           

           

          こんなことを無意識に感じながら、

          亡き母の教えでもあった

           

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

          父母ニ孝ニ(ふぼに こうに)
          夫婦相和シ(ふうふ あいわし)

          兄弟ニ友ニ(けいていに ゆうに)
          朋友相信シ(ほうゆう あいしんじ)


          父母に孝行をつくし、
          夫婦互に睦び合い、

          兄弟姉妹仲よくし、
          朋友互に信義を以って交わり、

           

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           

          を家族を持ってから実践しようと

          思って来たように振り返ります(^_^)。

           

          どこまで出来ているでしょうか?

           

          父は中学三年の時に亡くなり、

          母を看るためにこの実家に戻って参りました。

          妻も実の母のように世話をしてくれ

          一緒に母を看とれたのは少し親孝行だったかも知れませんが

          受けた恩からすると、ほとんど親孝行できていないという

          思いがあります。

           

          ただ子供3人姉妹は、亡き祖父母の願いどおり、

          親が驚くほどに仲良しで、本当に良かったと思っています。

          きっと何か困ったことがある時は支え合って生きてくれるものと

          思っています。

           

           

          子供への親からの最大のプレゼントは

          夫婦が睦まじく愛し合っている姿や声を掛け合っている後姿を

          見せることだと思って、夫婦仲睦まじく生活することに努めて来ました。

           

          子供の教育にはそのことが良かったように思っています。

          「愛」は友人も能力(才能)もお金も生み出す源になってくれていると思います。

           

           

          親孝行は、縦軸の愛だと思います。

          いつまでも縦軸の愛を大切にする生き方は、

          自然と横軸となる夫婦の愛も強まっていくこと

          と思います。

           

           

           

          (備考)

           

           

          全開の果たすべき天命は、

           

          人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

          地球を愛と和と創造の星にする

           

          ところにゴールを設定しています。

           

          共感して下さり、

          ご一緒に実現を果たしていける

          と大変に嬉しく思います。

           

           

          皆様、及び 皆様の御家族

          そして、全人類の愛と才能が全開して、

          それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

          満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

           

           

          皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

           

           

          どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

          困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

           

          喜びの能力開発「脳力全開」

          全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

           

           

          泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

          日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

          なぜなら、神様は、

          最高の喜びの神であると共に

          どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

           

           

           

          posted by: 開喜男(あきお) | 地球を愛と平和の創造の星に | 04:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
          2.夫婦の愛  無償であるべきと願う5つの愛
          0
            夫婦の有り様  宇宙万物は陰陽よりなる
                     夫婦相和シ(ふうふ あいわし)

             

             おはようございます。

            全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

             

             8月6日 悲しい原爆の日です。

            一日も早く地球を全喜で満たされた愛と和と創造の星にしたいです。

             

             今週は、

            「無償であるべきと願う5つの愛」

            ということで、開喜男の個生に基づく独断となりますが、

            5つの愛について考えてみたいと考えました。
             

            /無償であるべきと願う5つの愛/

             

            1.父母の愛

            2.夫婦の愛

            3.子からの親への愛(孝)

            4.兄弟愛

            5.友人への愛、神への愛

            6.まとめ

             

            という流れで、記事を書かせて頂ければと

            考えています。

             

            本日は、

             

            2.夫婦の愛

             

            です。

             

            /説明/

             

             犯罪の起きている50%以上は、家族内だと言います。

            私は7人兄弟の末っ子、戦後10年後に生まれました。

            まだ戦争の影が残っている時でした。

             

             隣には子供が3人いながら夫が戦死した父の妹を引き取り

            敷地内のすぐ隣に住むことになりました。

             

             子育てを一通り経験してこの歳になって分かってきたことですが、

            父にとっては10人の子を育てる覚悟のいる大変な心境だったと

            振り返っています。

             

             食べるものもそんなにない中でも、

            短歌を読むことが得意だった母は(愛媛新聞にも何度か掲載される)、

             

            「貧しいながらも楽しい我が家

                ピーチクパーチク雲雀の子」

             

            などといって、楽しい我が家にしてくれていました。

            そして、どの子にもまったく平等に愛してくれたことです。

             

             今思うとこの平等に愛されたという体験は、

            太陽の光が誰にも等しく降り注いでいるように、

            でよく引き合いに出される神の愛をイメージする上で

            貴重な心の土台になっているような気がしています。

             

             家族の中で喧嘩するような経験をしなかったので、

            都会に出て就職後、営業と開発部が取っ組み合いの喧嘩を

            する場面に出合い、大変に驚いた記憶があるほどです。

             

             今改めて言葉にすると、

            親は常に下記のことを実践して

            見せてくれていたように思われます。

             

             

            父母ニ孝ニ(ふぼに こうに)
            夫婦相和シ(ふうふ あいわし)

            兄弟ニ友ニ(けいていに ゆうに)
            朋友相信シ(ほうゆう あいしんじ)


            父母に孝行をつくし、
            夫婦互に睦び合い、

            兄弟姉妹仲よくし、
            朋友互に信義を以って交わり、

             

             

            兄弟仲良くは母の口癖でした。

             

             夫婦仲もよく夫婦も一つの布団で寝て

            風呂場が外にあったこともあり、

            お風呂も夫婦で毎日一緒に入っていました。

            (小学低学年までは私も3人で)

             

             父母、兄弟、夫婦、盟友

            とありますが、その中でも、核心部分が

            夫婦愛などだと思います。

             

             夫婦愛の無償での支え合いが、

            家族を愛情豊かに育む核心(核神)部分になっていると

            思っています。

             

             

             

            (備考)

             

             

            全開の果たすべき天命は、

             

            人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

            地球を愛と和と創造の星にする

             

            ところにゴールを設定しています。

             

            共感して下さり、

            ご一緒に実現を果たしていける

            と大変に嬉しく思います。

             

             

            皆様、及び 皆様の御家族

            そして、全人類の愛と才能が全開して、

            それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

            満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

             

             

            皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

             

             

            どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

            困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

             

            喜びの能力開発「脳力全開」

            全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

             

             

            泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

            日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

            なぜなら、神様は、

            最高の喜びの神であると共に

            どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

             

             

            posted by: 開喜男(あきお) | 地球を愛と平和の創造の星に | 04:53 | comments(0) | trackbacks(0) |