Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
世界唯一!喜びの能力開発
あなたの愛と才能を全開し、「しあわせ全開」にします
言葉の力を付ける絶対記憶
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
14年前の8月1日三女がピアノを弾いている思い出の写真
0

    『音の力』をベースとした
    人(霊止)の「愛と能力の全開」を探求している菊池でございます。

     

    毎日のお仕事御苦労様でございました。<m(__)m>。

    下記の写真を見てやって
    下さいませんでしょうか?(^_^)。

     

     

     

    私が音に目覚めた時長女が小学5年生でした。

    三女は、幼稚園だったと思います。
    それから三人とも、音楽に目覚めて、
    吹奏楽部に入っていきました。

     

    下記の写真を見つけて、
    音に目覚めた頃のことを懐かしく思いだしておりました。

     

    驚いたことに!

    それがちょうど14年前の8月1日撮影した写真だったのです。

    そこで、御紹介させて頂こうと思った次第です。

     

    私が音に目覚めて、
    音楽を家の中で流さなければ、
    子供達も音に目覚めることはずっと遅くなって
    いたと思います。

     

    不思議なもので、
    三女は、姉達の良い影響を受けて
    ピアノ教室に習いにいかないでも、
    学校で演奏を頼まれたことがあるほど、
    かなり自習で弾けていました。

     

    今も、アパートに白い色の電子ピアノを
    買って設置しています。

     

    早くから、音感を育てることの大切さを痛感しています。

     

    音感から、感性が育ち、生活のリズムを音楽の
    リズムから掴まえたようで、
    「遊び」と「学び」をうまく使い分けていました。

    一度も「勉強しろ!」ということは、
    私が音に目覚めて、子供達も音に目覚めてからは
    無くなりました。

     

    子供さんには、
    早くから楽器演奏させ
    音感に目覚めさせることは、
    見えない宝を持たせるようなものだと思っています。

     

    大人も年齢に関係なく、
    今からでも上達出来ます。(^_^)。

     

    本当に人の能力は不思議ですが、
    一日10分間でも、触っていくと弾けるように
    なるのですね。\(^o^)/。

     

    脳力全開講座の中でも、
    40日間でモーッアルト「ピアノソナタ」が
    弾ける講座が組み入れられています。

     

    70歳の方でも、40日でちゃんと弾けています。

     

    楽器はあなたの潜在意識の分身のようなものです。

     

    分身である楽器(楽しい器)を
    演奏出来るようになってくると、
    私の潜在意識の演奏仕方が分かって来て、

     

    私自身も私の回りも楽しく出来てきます。\(^o^)/。

     

    既にバリバリ全開して御活躍されている方は、
    もう必要ないかと思いますが、

     

    まだ、能力が「蛹」から「蝶」へと羽化していない方は、
    導入をご検討賜れば幸いでございます。
     

     

    /音を出発として感性の向上・個性の発揮・才能の開花・ジンセイ全開を支援する『脳力全開供戞
    http://dejisoku.gzenkai.com
    「音に秘めた力」を理論的に学び、実践します。
    無償試用版を申し込んでみませんか?

    皆様の唯一無二の才能がフルに発揮され、健康で幸せな人生を祈念致しております。


    【転送のお願い】
    もし内容が良いと思った場合には、
    友人・知人、御自分のソーシャルメディア等で
    ご紹介頂ければ、嬉しく思います。

    posted by: 開喜男(あきお) | 『心は音なり。音は心なり。』 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック