Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
喜びの能力開発
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
喜びの能力開発
0

     

     おはようございます。

    全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

     

     全喜ですか? 今週も一緒に全喜で生きて参りましょう!

    (*挨拶として広めたい、使ってください)

     

     刈り入れが終わり、30kgの新米を頂きました。

    夫婦だけだとほぼ一年分にあたり、有難いことでございました。
     

     収穫時には、田植え直後の稲の姿を忘れてしまいそうですが、

    田植え直後の写真は下記です。

     

     

     以前数えたことがあるのですが、一株から、

    3000粒弱の米粒が採れました。

     

     以前はよく

    ヨハネ伝』の第12章24節のキリストの言葉、

    「一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし」

    を思い起こしたりしておりました。

     

     ところで、

     

     今週も新しい一週間の始まりです。

     

     最小単位の天地創造数7日間を使って、

    自身(自神)の人生を天地創造できる対象単位となっています。

    どんな限界状況にあっても天地創造が可能です。

     

     そして人生を作り出しているのは自身の意識(観念、神念)です。

    7日間でも意識の大転換をなせれば、人生が大転換して参ります。

     

     自身(自神)の願う全喜の姿を言葉にして

    発声してみて下さい。(言挙げといいます)

     

     現実の姿とかけ離れていても、

    自身(自神)の願う全喜の姿を言葉にして

    発声してみて下さい。

     

     そうすると、不思議です。

    その理想の姿に近づいていける道が拓けてきます。

    神様がその登山道をインスピレーションで教えて下さるようになります。

     

    ・・・

     

     全開が一番社会貢献できることは何か?

    それは、社会全体が、そして最終的には地球意識が

     

    全喜の意識

     

    になることではないかと考えるようになりました。

     

     そこで、今週は、

     

    /喜びの能力開発

     

     様々な能力開発がありますが、

    その最終目標は「喜び」に帰結すると考え、

    喜びの能力開発「脳力全開掘廚両ι閉鷆,泙任

    至った経緯とその内容を掘り下げて説明させて

    頂けたらと考えております。

     

     

    (備考)

     

    全開の果たすべき天命は、

     

    人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

    地球を愛と和と創造の星にする

     

    ところにゴールを設定しています。

     

    共感して下さり、

    ご一緒に実現を果たしていける

    と大変に嬉しく思います。

     

    良いと思われた記事には

    リンクを貼って下さったり、

    転送したり、引用して下さったりして

    全喜に満ちた社会(地球)創りに

    ご活用くださると幸いでございます。

     

     

    皆様、及び 皆様の御家族

    そして、全人類の愛と才能が全開して、

    それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

    満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

     

     

    皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

     

     

    どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

    困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

     

    喜びの能力開発「脳力全開」

    全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

     

     

    泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

    日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

    なぜなら、神様は、

    最高の喜びの神であると共に

    どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

     

     

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 【商1】脳力全開 | 04:38 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/904
    トラックバック