Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
喜びの能力開発
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
お一人お一人の愛と才能を全開することで人類の課題を解決する
0
    愛と才能を全開してグローバルな成功を収めた人となる

     

     おはようございます。

    全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

     

     全喜ですか? 今週も一緒に全喜で生きましょう!

    (*挨拶として広めたい、使ってください)

     

     

     全開が一番社会貢献できることは何か?

    それは、社会全体が、そして最終的には地球意識が

     

    全喜の意識

     

    になることではないかと考えるようになりました。

     

     そこで、

    2001年からリリースを始めた「脳力全開」では、

    喜びの能力開発という枕詞を付けるようになりました。

     

    人は「喜びに満ち溢れたしあわせ(全開)になる」

    ために、生きているのではないでしょうか?

     

     ただここまでの意識に成長するには、

    18年間の年月がかかりました。

     

     

     「脳力全開」の開発の志は、

    あらゆる人類の抱えている課題は、

    地球人一人一人の愛と才能が全開されたら、

    すべて解決するのではないか、という思いから

    来ています。

     

     本来の人の愛と才能は、素晴らしいものであり、

    愛が全開して本来の愛が芽生えれば、戦争などで人を危害することなどできない

    才能が全開すれば地球規模の災害等にも克服でき、喜びに満ち溢れた地球を作れる、

    はずだと考えた次第です。

     

     先週、日本では4人の先輩先生が一人の新人先生を

    虐めるという寂しい事件の報道がありました。

     

     一人一人の愛と才能が全開するということは、

    自他非分離、人のことを我が事のように感じれる人になる

    ということになるので、

    このような人を虐めるという行動は、すぐに、

    自分自身を虐めることと同一であると悟れ、

    あり得ない事件となります。

     

     お一人お一人に愛と才能を全開して頂いて

    ご一緒に全喜で満ち溢れた社会にしていきたいと思っています。

     

     

    (備考)

     

    全開の果たすべき天命は、

     

    人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

    地球を愛と和と創造の星にする

     

    ところにゴールを設定しています。

     

    共感して下さり、

    ご一緒に実現を果たしていける

    と大変に嬉しく思います。

     

    良いと思われた記事には

    リンクを貼って下さったり、

    転送したり、引用して下さったりして

    全喜に満ちた社会(地球)創りに

    ご活用くださると幸いでございます。

     

     

    皆様、及び 皆様の御家族

    そして、全人類の愛と才能が全開して、

    それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

    満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

     

     

    皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

     

     

    どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

    困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

     

    喜びの能力開発「脳力全開」

    全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

     

     

    泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

    日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

    なぜなら、神様は、

    最高の喜びの神であると共に

    どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | - | 05:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/905
    トラックバック