Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
喜びの能力開発
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
全喜に至る人生全開への五階層・7階段
0
    (お願い)文字が見えないと思いますので、下記のアドレスをクリック下さい。
    pdfファイルが開きます。全喜に至る人生全開への五階層・7階段の資料

     

     おはようございます。

    全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

     

     全喜ですか? 

    (*挨拶として広めたい、使ってください)

     

    今日も神様(宇宙意識)と一緒に、全喜で生きていきましょう!

     

     今日の記事を書く前に祈っていると、

    五本指の中で、親指が陰陽の神様(宇宙意識)を表しているとすると、

    親指の割合は、1/5=20% であり、

    自分の意識の20%は、神様(宇宙意識)に意識を向けて

    考えるようにしたとき、私の四合わせを表す4本指の働きも

    良くなっていくということを直感しました。♪(v^_^)v。

     

     四本の指は、親指と合わせることで、

    輪を作ることが出来ます。

    しかし、四本の指だけでは輪は作れないことに

    宇宙の仕組みを暗示して下さっているように感じました。

     

     

     全開が一番社会貢献できることは何か?

    それは、社会全体が、そして最終的には地球意識が

     

    全喜の意識

     

    になることではないかと考えるようになりました。

     

     そこで、

    2001年からリリースを始めた「脳力全開」では、

    喜びの能力開発という枕詞を付けるようになりました。

     

    人は「喜びに満ち溢れたしあわせ(全開)になる」

    ために、生きているのではないでしょうか?

     

     ただここまでの意識に成長するには、

    18年間の年月がかかりました。

     

     その18年間の成長・進化・深化・神化・真化

    のステップが明確となり、それを「人生の指針」として

    まとめることが出来ました。

     

     『脳力全開掘戮らは、

    非売品である「人生の指針」の教本が全開講座靴龍桔椶箸靴

    標準で付けるようになりました。

     

     

    ◆【しあわせ全開のゴールに至るまでの階段】

     

    【階段1】音脳を育てる=>感情(感性)に目覚める

     

     音脳を育てる全開トレーニングに取り組みます。

    愛情面では、「音」の御蔭で音感が育ってくると、豊かな感性が育まれ、豊かな感情の持ち主になります。

     

    才能面では、音の限界が無くなると能力の限界が無くなります。

    そして、自身(自神)の音の響きを感じることで、個性に目覚めることができます。

     

     音は、インとも呼べることから、宇宙の仕組みのイン(陰、因)の解明への

    扉が開けてきます。

     

     

    【階段2】絵脳を育てる=>イメージに目覚める

     

     階段1の音感(心)が目覚めることであらゆる感性が高まり、絵感(心)にも目覚めが起き始めます。

    更に絵脳を育てる全開トレーニングに取り組みます。

     

    音絵字法では、意識は、音絵字(感情、イメージ、言葉)からできあがっていると考えているため、

    音感(心):感情、絵感(心):イメージに目覚めることで、自身の意識に変化(成長・進化・深化)が起こり始めます。

     

     

    【階段3】字脳を育てる=>言葉に目覚める

     

     音感(心)が目覚めることであらゆる感性が高まり絵感(心)の次に字感(心)にも目覚めがおきます。

    更に字脳を育てる全開トレーニングに取り組みます。

     

    音絵字法では、意識とは、音絵字(感情、イメージ、言葉)からできあがっていると考えているため、

    音感(心):感情、絵感(心):イメージ、字感(心):言葉に目覚めることで、

    更に自身の意識に変化(成長・進化・深化)が起こり始めます。

     

    志(シ)の強調が、字(ジ)であるため、人生の志が明確となってきます。

     

    【階段4】言霊を学ぶ =>神性に目覚める

     

     音絵字への感性が目覚めたことで、感性(カンセイ)から神性(カンセイ)、
    つまり、目に見えない神様や宇宙に対する神性に目覚めが起こり、自身の意識に変化(神化・真化)が起こり始めます。

    目覚めた神性で言霊の原理を学ぶことで、言葉、神、宇宙、自他の心が手に取るようによく理解できるようになります。

     

          顕在意識
      意識は、--------     が合わさったもの。
             潜在意識(無意識)

     

      人(霊止)は、神の分神であり、元霊の分霊である。  
    自神の本体は分神としての意識、分霊としての意識であることを知ることになります。

     

     

    【階段5】量子物理学を学ぶ=>意識に目覚める

     

     純粋に物理学として量子物理学を学ぶことによって、自身(自神)の意識を物理的にも捉える事ができるようになります。

    そして、大宇宙には普遍的な大法則「意識が現実化する(意識が現実を創造する)」が働いていることを知ります。

     

     また、身の周りの現象すべての出来事が自分自身(自神)の意識がそのまま鏡のごとく映し出されたものであることを悟ります。
    自身(自神)の人生を転換するためには、自身(自神)の意識を転換すれば良いことを「言霊の原理」と「量子物理学」の両面から明確に悟ります。  
      
      
    【階段6】「しあわせ全開」を意識化=>全喜の意識に目覚める


     「しあわせ全開」なるためには、「しあわせ全開」な意識を自身(自神)の意識の奥に設定します。

    「しあわせ全開」な意識化できれば、「意識が現実化する」宇宙の大法則により、自身の周りに「しあわせ全開」が現われて来ます。

     

     そのために、「私をしあわせ全開にしてくれる48ヶ条」を毎朝音読して意識の奥深くに置くようにします。

     

    【階段7】「しあわせ48ヶ条」の全喜意識全開=>「しあわせ全開」「才能全開」となる

     

     いよいよ「しあわせ全開」な全喜意識が現実化し、自身の目の前に『人生全開のゴール』である「しあわせ全開」「才能全開」の景色が現われます。

     

     神様も私も歓喜の喜びに満たされる瞬間です。長い時を得て、この素晴らしい感動の時を迎えることができました。

    宇宙(神)と共に「全喜!全喜!全喜!」とこの全喜の喜びを叫び喜びあいましょう。

     

     

     

     

    (備考)

     

    全開の果たすべき天命は、

     

    人類お一人お一人の才能と愛が全開して、

    地球を愛と和と創造の星にする

     

    ところにゴールを設定しています。

     

    共感して下さり、

    ご一緒に実現を果たしていける

    と大変に嬉しく思います。

     

    良いと思われた記事には

    リンクを貼って下さったり、

    転送したり、引用して下さったりして

    全喜に満ちた社会(地球)創りに

    ご活用くださると幸いでございます。

     

     

    皆様、及び 皆様の御家族

    そして、全人類の愛と才能が全開して、

    それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

    満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

     

     

    皆様の暮らす一週間が、今週も喜びに満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

     

     

    どんな状況でも「喜びの意識」でいることが、

    困難を解決してくれ、願いの実現を早くしてくれます。

     

    喜びの能力開発「脳力全開」

    全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

     

     

    泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

    日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

    なぜなら、神様は、

    最高の喜びの神であると共に

    どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

    posted by: 開喜男(あきお) | 【商1】脳力全開 | 04:50 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    http://gzenkai.jugem.jp/trackback/906
    トラックバック