Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
世界唯一!喜びの能力開発
あなたの愛と才能を全開し、「しあわせ全開」にします
言葉の力を付ける絶対記憶
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【体験談】雀(ススメ)夫婦の会話が聞こえた
0

     

     おはようございます。

    全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

     

     全喜ですか? 

    (*挨拶として広めたい、使ってください)

    全愛の心を持って全喜な意識でいれば、全喜な出来事しか起こらなくなります。

    今日も神様(宇宙意識)と一緒に、全和・全美・全喜で生きていきましょう!

    「みんな全喜になあれ!」

     

     昨日は、広島から全開家族がご来社下さいました。

    話が弾みあっという間に1時の御来社から5時になっていました。

     

     ちょうど、ご縁を頂いてから最初の誕生数が終了した

    40日後に御来社されました。

     

     この40日間に起こったご成長をお聞きしながら

    次の40日間に取り組む内容をご説明いたしました。

     

     この40日間に体験された出来事で

    始めてお聴きするびっくりするものがありました。!(^^)!。

     

     雀(スズメ)家族が家に巣を作っているらしいのですが、

    番のツバメ夫婦の会話が聞き取れたというのです。

     

     奥さんのスズメが先に飛び立って

    (正確ではないですが)

    「あなた早く来なさい」「わかった」

    というような会話が聞こえてきたというのです。\(^o^)/。

     

     全開ライフを始めて一週間ぐらいで

    「鳥の声がこんなに聴こえていたとは驚いた」

    鳥の声が聴こえ出した喜びの体験は多いのですが、

     

     スズメ夫婦の会話の内容まで分かる体験を

    お聴きするのは始めてでした。

     

     すべての森羅万象に命が宿っているのがよく分かります。

     

     もうひとつ、バッタが飛んできたので

    背中を指すってやると本当に気持ち良さそうに

    しているのだそうです。さもありなんと聴かせて

    頂きました。

     

     全開ライフを始め聴こえない音が聴こえ出し

    音に目覚めはじめると、

    自分の発する「氣」も変わり始めます。

     

     すると、日常生活に起こる現象も

    上記の体験のように変わってきます。

     

     

    (備考)

     

    全開の果たすべき天命は、

     

    人類お一人お一人の愛と才能が全開して、

    地球を全喜に満ち溢れた愛と和と創造の星にする

     

    ところにゴールを設定しています。

     

    皆様、及び 皆様の御家族

    そして、全人類の愛と才能が全開して、

    それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

    満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

     

     

    皆様の暮らす一週間が、今週も全喜に満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

     

     

    どんな状況でも全愛に近づきながら

    「喜びの意識」(全喜)でいることが、

    困難を解決してくれ、夢の実現を早くしてくれます。

     

    喜びの能力開発「脳力全開」

    全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

     

     

    泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

    日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

    なぜなら、神様は、

    最高の喜びの神であると共に

    どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 【商1】脳力全開 | 05:17 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック