Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
世界唯一!喜びの能力開発
あなたの愛と才能を全開し、「しあわせ全開」にします
言葉の力を付ける絶対記憶
『しあわせ全開教室』
月齢カレンダー
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【体験談】7年越しでの夫との再会を果たす 
0
        令和の御世を過去に囚われず新しい門出と捉えましょう

     

     おはようございます。

    全開への道案内人、開喜男♪(v^_^)vでございます。

     

     全喜ですか? 

    (*挨拶として広めたい、使ってください)

    全愛の心を持って全喜な意識でいれば、全喜な出来事しか起こらなくなります。

    今日も神様(宇宙意識)と一緒に、全和・全美・全喜で生きていきましょう!

    「みんな全喜になあれ!」

     

     全開で出会った方の抱えていらっしゃる

    人生の課題には守秘的なものが多く、

    解決するまで公に出来ません。

     

     自分自身に関する能力的・精神的なことなら

    短期間で解決することが多いですが、

    夫婦関係、子供の成長、人間関係、健康問題

    など時間のかかるものもあります。

     

     全開では、基本的に早ければ120日以内、次に

    一年間のフォローですべてを解決する思いで取り組んで

    おりますが、それでも解決出来ないような課題の場合には、

    長期でフォローさせて頂いています。

     

     

     そんな取り組みをしている中で、

    一昨日は、もうひとつ大変に嬉しい来客がありました。

     

     先月の11月9日にの7年越しでの夫との再会

    を果たされた御婦人と高校生になったお子様が訪ねて

    来て下さいました。

     

     何と!このお子様のお名前が初孫の同じ名前で

    驚きました。全開家族はどこかでご縁があるのだと思いました。

     

     また、詳しくご紹介したいと思っているのですが、

    再会できたポイントはやはり『潜在意識』の使い方でした。


     開喜男がお伝えしていることに間違いはありませんでした。


     令和元年に入って、
    長年なかなか解決して来なかった
    全開家族の課題が解決してきている報告を
    受けるようになっています。

     

     皆さんの課題も必ず克服できます。
    克服できたと思いましょう。\(^o^)/。

     

     実は、中今の私の意識を『全喜』にできれば出来るほど、

    私が今抱えている全ての課題の解決方法が

    クリアに見えて参ります。

     

     

     

    (備考)

     

    全開の果たすべき天命は、

     

    人類お一人お一人の愛と才能が全開して、

    地球を全喜に満ち溢れた愛と和と創造の星にする

     

    ところにゴールを設定しています。

     

    皆様、及び 皆様の御家族

    そして、全人類の愛と才能が全開して、

    それぞれに神願う家族愛、そして全喜に

    満ち溢れた「しあわせ全開家族」となられるようにと祈念しております。

     

     

    皆様の暮らす一週間が、今週も全喜に満ちた一週間でありますように!\(^o^)/。

     

     

    どんな状況でも全愛に近づきながら

    「喜びの意識」(全喜)でいることが、

    困難を解決してくれ、夢の実現を早くしてくれます。

     

    令和の時代にふさわしい

    喜びの能力開発「脳力全開」

    全開への道案内人 開喜男♪(v^_^)v

     

     

    泣いている人の傍には 必ず神様がいます。

    日下由紀恵著の神様からGift Wordより)

    なぜなら、神様は、

    最高の喜びの神であると共に

    どんな悲しみも我が事として感じられる神であるからです。

     

     

     

     

    posted by: 開喜男(あきお) | 【商1】脳力全開 | 05:37 | comments(0) | trackbacks(0) |









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック